サプリメントを効果的に活用する前に知っておきたいこと

身体

サプリメントを利用する人がこの頃増えていますが、サプリメントと健康食品との差は何でしょう。

健康補助食品という呼び方をサプリメントに対してすることがあり、サプリメントとは補うを意味する英語です。

サプリメント大国であるアメリカでは法律でサプリメントの位置づけがきちんと決められています。

アメリカでは、健康食品と薬品の間にあるものとしてサプリメントを定義づけています。原材料に、ハーブかミルラル、アミノ酸、ビタミンのどれかがなければなりません。

栄養補給が使用用途であること、パウダー、カプセル、錠剤など見た目の形状が食品とは違っていることも条件の1つです。

サプリメントといえば、カプセルや錠剤を連想する人は日本でも少なくないでしょう。また、ビタミンやミネラルが含まれている栄養補助食品であることも共通していることといえます。

健康にいい食品と言われて真っ先に思い浮かぶのは、健康増進に効果があるという食材を加工して、錠剤やカプセルの形で飲めるようにしたものではないでしょうか。形状は錠剤やカプセル、液体だけではなく普通の食品の形状でも使われます。健康食品とは体にいい食品、というはっきりしない定義づけです。

法律上では食品という扱いで、日本ではサプリメントも健康食品も店頭に並んでいます。健康食品とサプリメント、明確な線引きがないままに日本では食品として扱われています。

サプリメントの正しい取り方と注意すべき点について

サプリメントは食品として販売されていますので、摂取の方法には特に指定はありませんが、効果を高めるために知っておきたい飲み方はあります。

サプリメントを飲む時には、ジュースやお茶などは使わずに、温かい湯や、常温の水を使って飲んだほうがいいと言われています。

これは薬にも共通していえることで、水や、ぬるま湯を使います。コーヒーや、お茶、場合によってはアルコールでサプリメントを飲む人がいますが、やめたほうがいいでしょう。

カフェイン等が含まれているものでサプリメントを摂取すると、せっかくのサプリメントの成分が吸収されにくくなる場合があります。お茶やコーヒーの成分が、サプリメントの成分とつながったために吸収が困難な状態になってしまうなど、サプリメントには飲み合わせがあることに注意しましょう。

胃腸を刺激しすぎないためにも、一定量の水を使ったほうがいいと言われています。1日の摂取量や、保管方法、飲む時の注意点などは容器や箱に書かれていますので、必ず内容どおりにすることが、サプリメントを飲む時のコツです。どういう取り方をするといいのかを理解した上で、サプリメントを飲むようにしてください。

サプリメントを購入する前に必ず確認しておきたいこと

安心してサプリメントを利用するためには、購入するときに事前に確認しておきたいことがあります。

継続的にサプリメントを飲む以上は、質のいいサプリメントを選びたいと思う人が多いでしょう。数あるサプリメントの中から、質のいいサプリメントを購入したい場合、留意点はどこにあるでしょう。

どんな成分が配合されているかを大まかな説明しているところだけに目を通して、サプリメントを選ぶという人もいます。サプリメントを購入の際にもっとじっくりと確認しなければ、自分にとって有益なものであると言い切ることはできません。

一番必要としている成分量が少なめで、あとは着色料や香料などの添加物である場合もあります。原材料名は配合量が多い順に記載されていて、添加物名が最初の方に記載されていると、重要な成分の配合量が少ないケースもあります。一度にたくさん摂取すると身体トラブルの原因になることもあるので、適切な量かも確認しましょう。

過剰に摂取したために副作用が起きたということがないように用心が必要になります。サプリメントは食品として販売されているものなので、薬ほど即効性が得られるものではありません。

無理なく飲み続けるためにも、金額面を確認する必要があります。継続的に買える価格でなければ、効果が得られません。けれども、安い価格で販売されているサプリメントの中には、品質が劣るものもあります。よく考えて、商品を吟味することが大事です。

最大限利用するためのサプリメントの飲み方

薬を服用する時は副作用が気になりますが、サプリメントはほとんど副作用がありません。サプリメントを飲む時には、毎日しっかり摂取することが重要であり、長期的な取り組みになります。サプリメントなら足りない栄養を効率よく補給することが出来ます。動植物に含まれている成分を抽出したサプリメントと、合成で製造した成分を配合したサプリメントがあります。コンディションを整えたいけれど薬を服用するほどでもない人は、サプリメントを使うといいでしょう。

効果的なサプリメントの使い方をしたい場合は、用法用量はきちんと守り、飲み方も指定されたとおりにするほうがいいでしょう。サプリメントの飲み方というのは基本的には、いつ飲んでも良いことが多いようです。サプリメントは、医師から処方される薬のように、いつ飲まなければならないという制限がなく、自分の都合のいい時間に摂取ができます。1日のうちどのタイミングで飲んでも構わないという点は、サプリメントの使いやすさでもあります。同じ時間に飲むことを習慣にするといった飲み方にすれば、飲み忘れを防止することもできるので、おすすめの方法です。

まとめ

サプリメントは必要な栄養素を手軽に摂取できますが、長期的な活用になるため商品選定には時間をかける事と、効果的な摂取方法を守る事が大切です。

コメント