トナラーの発生場所とその心理

生活

「トナラー」という言葉、あまり一般的ではありませんよね。

これはネット造語で「隣+er」を付けて〇〇する人を、無理やり日本語にしてトナラーと表現しているとの事です。

以前は、駐車場であえて隣に駐車することを指していましたが、現代では多くの事象で使用されるようになりました。

ここでは日常生活において見かけるトナラーと、その心理についてご紹介します。

トナラー発生場所とその心理

トイレ

公衆トイレの場合で、特に男子トイレに多いですね。

高速道路のサービスエリアって10か所以上あるのに、何でとなりに来るの?って経験ありませんか?

100歩譲って入口に近いからといっても2~3歩で一つ間をあけられるのに、意味が分かりません。

私は、用を足すときに近くに人がいるとなかなか出ないので、わざと奥の方を選びます。 1回だけですが、一番奥で用を足していた時に、隣に来られた時は恐怖を感じて途中で非難した経験があります。

トイレトナラーの心理

・パーソナルスペースを気にしない

・他の便器が汚かったから

・出入り口に一番近いから

駐車場

スーパー・ホームセンターなど比較的大型駐車場を備えていて、ガラガラなのに隣に止めてくる人もいます。

荷物を積む時や突風でドアが接触する可能性もあります。高級車に乗っているわけではありませんが、予見できるリスクは対策を取っておきたい物です。

中には、目標物があった方が駐車しやすいという方もいます。白線に合わせるより、立体物に合わせたほうが止めやすいらしいです。

わからなくはないですが、ガラガラなら前進で白線に止めてくれって思っちゃいますね。

駐車場トナラーの心理

・隣に止める事で、当て逃げを予防している

・きれいに整列させたい

・同じ車種だったから

・いつもの場所だから

電車・バスなどの公共交通機関

ほぼ利用者が居ないのに、なぜここへ? 女性にしてみたらかなり怖いですよね。

公共交通機関トナラーの心理

・出口(主に電車)に近いから

・話し相手が欲しいから

・隣が女性だから

まとめ

厄介なことにこのトナラーは当たり前ですが、犯罪ではありません。

しかし、トイレ・座席など他人の体が近くにある場合は、あまり気分がいいものではありません。

これは人には「パーソナル・スペース」とう無意識の心理があり、最低でも横で1メートル以内に入ってほしくないという距離の事です。この距離以内に入ってこられると緊張してしまう人が多いです。恋人等は別ですが。

トイレでも隣や後ろに人がいると出にくくなったりしませんか?

対策としては、自身は人気のないところを利用するか、場所を変えられるのであれば変えてしまう事です。

 

コメント