一山麻緒選手 の勝因は作戦・フォームとシューズの相乗効果

未分類

ワコール女子陸上競技部 スパークエンジェルス所属、一山麻緒さん東京オリンピック内定おめでとうございます。

3月8日(日)残り1枠となった東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが、ナゴヤドーム発着の42.1で行われ、一山麻緒さん(ワコール)が2時間20分29秒、日本人歴代4位のタイムで初優勝しました。

1月の大阪国際マラソンで松田瑞生さん(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定しました。

そんな一山麻緒さんはレース後のコメントで

「2時間21分30秒を出すために監督の“鬼メニュー”を信じてやってきた。きょうは30キロまでは“ジョグ感覚”でゆとりを持って走れればいいと思っていた」

と発言していました。

ワコール女子陸上部の監督は、永山忠幸さんです。

ここでは永山監督と一山麻緒選手が東京五輪に向けたトレーニング方法と、強さの秘密について探っていこうと思います。

トレーニング方法

海外での合宿参加

鬼メニューと言わせたトレーニング方法は、約1カ月弱アメリカのアルバカーキでの高地練習、で行われた練習メニューにあります。

ゴール想定タイムを決めて、5キロ走を8本繰り返すトレーニングです。さらに過酷なのは、5キロ×6本で1キロ3分20秒と設定し、残り2本はさらにペースを上げるというものです。

まさにゴール後のコメントにあったように、30キロまではジョグ感覚、その後勝負をかけたと事はまさに練習通りにレースを運んだことになります。 30キロ付近が勝負になると見込んだ作戦でした。

言うのは簡単ですが、当日の悪天候・本番でのレースで遂行する冷静な判断力が必要です。

厚底シューズとスライド走法

今大会では今までアディダス社製のシューズでレースに臨んでいた一山選手でしたが、2月の香川丸亀国際ハーフマラソンからナイキ社製のシューズを実戦で試し、自身の走りとあっていいると感じていました。

一山選手の走りは、スライド走法と言われるものであり一歩の歩幅が広く、アフリカ選手の多くがこの走法を選択しています。

厚底シューズとスライド走法は相性がいいと言われていますが、条件として強い筋力が必要になってきます。そのため女子には向いていないとの声もありますが、一山選手は筋力トレーニングも行い履きこなすことに成功しタイムを縮める事に成功しました。

ちなみに先日東京五輪男子マラソンに内定した大迫選手と同じ、最新の「エアズームアルファフライネクスト%」を選択していました。

強くなりたいという気持ち

一時期、結果が出ない時に駅伝のチームキャプテンになったことで、モチベーションが上がったとの事です。そんな監督との師弟関係があることで、過酷な練習をこなし自信を付けてきた事が今回の結果に反映されたのでしょう。

まとめ

監督の東京五輪に照準を定めたトレーニングと、それに答えた選手の結果がでた素晴らしいレースでした。

悪天候の中でもドリンクを共有したり、転倒防止のため道路の白線を避けるなど、大舞台でも冷静な判断力と作戦実行できる身体能力を身に付けた、一山選手には一番きれいなメダルを獲得してほしいものです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント