高品質で安い|日本製のオーダーカーテンおすすめ通販ショップ。

生活

住宅購入・部屋の模様替え・引っ越しなどで、カーテンを変える方も大勢いると思います。私もその一人でした。

というか、そのくらいしかカーテンを変えようと言う思いすらありませんでした。いざ変えようと思って調べてみると、サイズ・遮光・防炎・UVカットなど色々な効果があることにびっくりした記憶があります。

部屋におけるカーテンは結構な面積があり、どうしても視界に入ってきますのでカーテンに関してはシンプルなものを選択することをおすすめします。また、サイズは床からどれくらいの隙間にするかは、人それぞれですので1cm刻みで選べるオーダーメイド商品をおすすめします。

ここでは比較的安価でオーダーメイドカーテンが購入できるJAPAN CURTAIN をご紹介します。

カーテンを選ぶ基準

デザイン以外でこだわる項目を挙げてご説明します。

JAPAN CURTAIN はこれらを網羅しているのがおすすめの理由です。

遮光性

カーテンの機能で真っ先に思いつくのが遮光性だと思います。日中、日が当たりTVが見えないとイライラしますしね。(笑) また、夏場はエアコンの効き方に差が出てきます。

遮光には1級~3級と遮光性なしと4段階に分かれます。1級が遮光率99.99%以上で1番遮光性が高いことになります。 勘違いしてしまいがちですが、99.99%遮光すれば真っ暗になるかといえばそうはなりません。

ただし、カーテンの生地・色により遮光率は上下すると考えてください。薄い色と濃い色では同じ遮光率でも明るさは変わってきます。 ちなみにオレンジ系よりブルー系のほうが遮光率は高めになります。

遮像カーテンと間違わないように注意してください。遮像は暗くする機能はありません。

防炎

これは必須ですね。カーテンが燃えると一気に天井まで火が伝わりますし、窓にカーテンを付けるのでいざという時に逃げられません。

消防法でも、人がたくさん集まるところでは防炎カーテンの設置が義務づけられています。言い換えればそれだけ効果が高いという事です。

ここは絶対に妥協してはならない項目です。

UVカット品

遮光率が高くても紫外線は別物です。曇り空でも紫外線は降り注いでいます。UVカット品は紫外線を吸収・反射する効果があります。

赤ちゃんは皮膚がまだ弱いので、UVカット品を準備しておくことが重要です。皮膚の病気になってしまう恐れがあります。

 

洗濯ができるか

どのカーテンでも洗濯は出来ますが、洗濯することを前提にしているかという意味合いでとらえてください。著しい色落ち・伸び縮みは起こりませんが、どのカーテンでも同じですが、洗濯方法によってはダメージがあります。

 

形状記憶

これが無いと洗濯しにくいですし、型崩れしたカーテンはみっともないですよね。 カーテンが波の形になっていなかったら、バスタオル掛けてるみたいになってしまいます。

通販がおすすめ

ある程度の大きなになるので、買い物に行っても持ち帰りが面倒です。また、カーテンはホームセンター位しか近隣では販売していないので、選択肢が限られてしまいます。

日本製

カーテンに限ったわけではありませんが、やっぱり日本製が安心という気持ちはありますね。

JAPAN CURTAIN はすべて日本製となっています。

まとめ

私がカーテンを市販品で済ませた時に一番後悔したのはサイズでした。床は引きずりたくない、でもぎりぎりまで下げたいを実現するには、オーダーメイド一択です。

毎日見る物なので、微妙なサイズ違いは気になって仕方ありません。

ちなみに私は映画好きなので、昼間でも部屋を暗くするためにすべて黒のカーテンにしています。あくまでも個人の意見ですがやはり単色のほうが落ち着きますね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

安くて高品質なオーダーカーテンJAPAN CURTAIN 

コメント