テトラサイクリンによる変色歯|原因|時系列|対策

身体

歯牙形成期にある8歳未満の小児時代にテトラサイクリン系抗生物質の副作用により、歯牙の黄染に悩んでいる方向けの記事になります。

小児時代は8歳未満のことを指します。歯冠形成が7~8歳なので8歳未満だと影響が出ますよ、という事です。

簡単に言うと、1970年前後にテトラサイクリン系の薬がよく使われていました。これの副作用により、黄染報告が頻繁にあったことで、原則禁忌となりました。恐ろしいことに常用していなくても1回の使用で発症する可能性があることです。

現在でも服用することは可能ですが、使用に関しては医師・薬剤師等に相談しましょう。人生台無しとは言いませんが、それに近い代償があります。

筆者は当然該当者です。なので思春期は非常につらい思いをしました。普通の人が悩まない事を悩み続けることは人生において大きなマイナスになります。

学生時代

小学生時代

病弱で病院通いをしていました。その時にテトラサイクリン系を処方されていたんだと思います。歯は6~13歳くらいまでで永久歯に生え変わります。 小学生5.6年位にはなんで自分の歯は変な色しているんだろうと思っていましたが誰にも言えませんでした。小学生時代は周りも気を使わないので、心無い言葉もかけられて一人で泣いていた記憶もあります。

歯を磨かなくてもキレイにならないので、あまり歯磨きしなかったです。というか、歯磨きをすることが恥ずかしかったのです。

当時の写真はほとんど笑っていません。写真は静止画なのでそこで気づかれてしまう恐怖があったからです。

中学生時代

笑わない暗い中学生時代。当時はネット環境が無かったので、週刊誌の広告に掲載されている歯のマニキュアに興味を持って約1万円(お年玉)で購入しました。 が、これは大失敗。いきなり芸能人みたいな色になったら逆に目立ってしまいます。結局人前では一度も使用できませんでした。みんながゲームソフト等をお年玉で購入しているのに、何で自分はこんなものに1万円もかけているのかと…。

薬局等で売っている、研磨剤が入っている歯磨き粉等は当然試してみましたが効果なし。そもそも表面の問題ではなく内部(象牙質)が変色しているので意味がないことは当時知る由もなし。

高校時代

高校時代はあまり学校に行かなかったです。卒業できるぎりぎりの出席日数ぎりぎりで卒業しました。歯以外にも悩みを抱えていおり、それは下記リンク参照してください。

高校時代の目標は、アルバイトをして何とか解決策を見出すことでした。アルバイトは当然、人前に出ない工場でしかも流れ作業でないもの。なぜ流れ作業がダメなのかは、上記リンクを参照してください。
ホワイトニングで調べても、テトラサイクリン系は効果が無いものがほとんどで、根本の解決は物理的なインプラントしかない状況でした。当然高校生のバイト程度で準備できる金額でもなく、健康な歯(色は不健康だが)を削るという事も課題となりました。
なので高校時代は、在宅でできるホームホワイトニングと胡散臭い歯磨き粉を使用していました。程度により若干の効果はありましたが、根本的な解決にはなりませんでした。

社会人時代

お金がある程度自由になりはしましたが、インプラントは数百万の出費。さすがに難しいので、私が行ったのはラミネートべニアです。 奥歯は置いておいて取り合えず見えやすい場所として、前歯上6本だけ実施しました。これは下の歯はパッと見だとあまり気にならないです。現に上6本だけ施工する人は結構多いです。 結果的には正直微妙です。真っ白にするとさすがに目立ちますので、やや暗い色にします。この辺は歯医者さんと相談して色を決めていきます。

歯を削って薄い歯を張り付けるというものですが、削りすぎると歯が沁みて痛みがあります。ここで注意したのは歯医者選びです。値段で選ぶのはやめましょう。私は値段で選んでしまいまいました。5万/本の破格値です。

削る幅が厚くてしばらく歯が沁みて何本かは神経を抜くことになりました。神経を抜くと歯が弱くなるので、将来抜けるか欠けてくると思います。

現在虫歯等になった時に通っている病院は、人気の病院で(当時は無かった)私が行った施工を見て結構隙間がありますと指摘されました。

まずやってみる事

取り返しがつかなくなる前に

高校時代に実施したような、自分でできる事を探すのを優先したほうが良いです。本件は、個人により程度が様々であり、どの程度をゴールにするかも人ぞれぞれであるためです。 全部真っ白からある程度人目を気にしない程度など。 ほとんど人は校舎ではないかと思います。であれば、市販・通販で様々な商品があるので、一度試してみることをお勧めします。 実際、白くならなくても色味が明るくなれば、結構ごまかせるものです。実際、私も明るくはなりました。    

まとめ

個人的には、資産があれば芸能人並みにお金をかけてもいいのですが、一般時にはなかなか難しいのでまずは一般的なホワイトニングを実施してそれで満足できればそれでよし、満足できなければ、審美歯科の先生と相談(予算・効果)を検討していくのがベストだと思います。

それには信頼できる歯医者さんを見つける事を優先してください。私みたいに後悔しないように。 また、育児中の方は薬の成分には十分注意しましょう。下痢・かゆみなどの副作用は一過性ですが、健康状態に影響が無くてもこの件のように、一生物の副作用は恐ろしいですよ。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント